巻き爪の原因は?

スポンサードリンク

巻き爪とその原因

巻き爪とは?

巻き爪は、爪が横方向に湾曲して、巻いた状態を言います。 手も巻き爪になりますが、手よりも足が巻き爪になりやすく、特に足の親指が最も巻き爪になりやすい部位といえます。

初期症状では痛みはありませんが、爪の変形がひどくなると痛みを伴います。
また、巻き爪は陥入爪を併発する場合があります。陥入爪は爪が肉に食い込み炎症を起こす病気です。

化膿している場合や水虫・外反母趾などが心配な場合は、単純に巻き爪だけの場合と治療方法の選択が異なる場合がありますので必ず、医師の診察を受けましょう。


巻き爪の原因

1.圧迫や衝撃、付加を爪に加え続けること
工事用の安全靴など固い素材の靴やサイズの合わない靴、つま先が狭い靴、ヒールの高い靴を履き続けたり、長時間のたち仕事や歩行、サッカーやテニスなどのスポーツで爪に頻繁に衝撃を加えることなどが原因となります。

2.深爪や怪我などによる外傷
重いものを爪の上に落として怪我をしたり、深爪をして爪の組織を傷つけることが原因となります。
特に、爪の端を丸くカットして深爪をすると、新しく伸びた爪が巻き爪になりやすいです。

3、妊娠や肥満などの急激な体重の増加

4、血行障害
寝たきりや、きついサポートタイプのストッキングなどを長時間着用して血液の循環が悪い場合も巻き爪の原因となります。

5.遺伝的な要因
爪に付加をくわえる日常生活を送っていなくても、もともと爪が柔らかく、圧迫や衝撃に弱い爪の場合は巻き爪になりやすいです。

巻き爪情報一覧

 

▲top