巻き爪を手術するか矯正するか

スポンサードリンク

巻き爪施術法

1.手術の種類と特徴(鬼塚法・フェノール法・レーザー法)

湾曲している爪の縁を爪母と呼ばれるつめが生えるところから切除し爪の幅を狭くし、その部分から爪が生えないように処置することで巻き爪を治します。

鬼塚法は最も普及している方法で、外科的に骨膜まで除去してその部分に爪が生えないようにします。背術後痛みを伴います。

フェノール法は、除去部分にフェノールという薬品を使って、爪が生えないように処置します。縫合はせず鬼塚法よりは術後の痛みが少ない施術法です。

レーザー法はレーザーを駆使して、爪の幅を狭くする方法です。フェノール法よりも術後の痛みが軽減されます。
その他、皮膚移植などの方法もありますが、まだ定着している施術法ではありません。

2.巻き爪矯正

ワイヤー矯正は、普及している矯正法です。爪の端2箇所に穴を開け、そこに弾性ワイヤーを通し、ワイヤーの弾性を利用して矯正します。

プレート矯正は、形状を記憶するプレートを爪にあてがい、ドライヤーで熱を当てて矯正する施術法です。矯正効果はワイヤーより低いですが、軽度の炎症を起こしていても矯正が可能です。

VHOは、爪に穴を開けず、爪の端にワイヤーを引っ掛けて矯正します。痛みはなく、資格を持った医師が施術します。

ペディグラスは、爪に器具をあてファイバーグラスとジェルで器具を安定させて、矯正を行います。トランペット型、ホチキス型などさまざまな巻き爪が強制可能です。

BS(ブレースハイフォーム法)はプラスチックのばねを爪全体にあてて、爪を持ち上げて矯正します。痛みに対して即効性があります。

3.施術法の選び方―手術か矯正か

治療の期間や施術の際の痛み、現在の爪の状態などを医師と相談してご自身にあった施術法を選択しましょう。

手術の傷は1ヶ月ほどで回復します。矯正は半年~1年かかりますがその間普通の日常生活が送れます。

極度に爪が柔らかかったり、硬かったり、感染症を併発している場合は、巻き爪矯正には適していません。
鬼塚法、フェノール方の手術は保険が適用になりますが、矯正は保険の対象外の場合が多いです。

巻き爪情報一覧

 

▲top