巻き爪になったらどうすればいいの

巻き爪の治療や治療法、治し方。巻き爪の手術やワイヤーなどの矯正による対策があります。巻き爪によって、膿や化膿しないように原因をつきとめ予防し、爪切りでの爪の切り方にも注意。大阪や福岡、東京、名古屋、京都、北九州などの病院で診てもらうのもいいですね。

スポンサードリンク

巻き爪になったらどうすればいいの項目一覧

巻き爪情報
巻き爪を手術するか矯正するか 巻き爪手術矯正後の爪切りでのつめの切り方など 巻き爪の原因は? 巻き爪にならないための予防策 巻き爪ケアの体験談/体験談  
相互リンク
相互リンク集  

巻き爪コラム

巻き爪でお困りの方、辛いですよね。 化膿なんかしていたりしたら、さらに辛いと思います。 水虫にもかかっている方も多いようです。

巻き爪で、もっとも多いのが両足の親指の巻き爪です。 やはり、靴の圧迫による原因が多いのでしょう。

靴の圧迫による原因以外の場合もあるようです。

たとえば、激しいスポーツをしていて、足を踏ん張ることが多いとか、いつも深爪にしていたとか、いろいろな要因が重なって、だんだんと巻き爪になってきてしまったというパターンもあるのでしょう。

巻き爪の治療をしようと思って、ふと疑問に思うのが、病院のどの科にいって診察を受けたらいいのかってことですよね。 代表的なのは、皮膚科と形成外科となっているようです。

皮膚科や形成外科で診察、治療をすると、爪がはがしたり、切除したりといったことになることも多いようです。

私個人としては、爪をはがしたりとか、切除したりするってことには、ちょっと抵抗があるな~と感じます。

時間はかかるけれど、プレートとかで矯正するっていうほうが、爪にはやさしい治療となるんじゃないかなって思います。

ちょっと、爪が巻いてるな~っていう方は、爪を切り過ぎないことも大切です。 いわゆるスクエアカットという爪切りの仕方ですね。 深爪にしすぎないことで、爪の角が皮膚にくいこんでくるのを防ごうっていう巻き爪予防方法です。

足の爪以外にも、指の爪が巻き爪になるっていう方もいらっしゃいますね。 その指の爪が、二枚爪になっていたりってこともあるようです。 これは、想像するに、栄養状態が悪いってことも考えられるんじゃないでしょうか。

このサイトでは、巻き爪の治療や体験談について掲載しています。参考にしてください。

 

▲top

プライバシーポリシー